新規サイトで激戦区にもかかわらず広告費0円スタート

v2a

新規オープンサイト

3ヶ月で20件超の問い合わせ

オープン後すぐに、サービス内容を変更したいということで、電話番号・問い合わせボタンをページから外した後も問い合わせが止まらない状態に。

要望:新しい切り口で自社のサービスを売りだして欲しい

ピークウェブ株式会社様は、SEOコンサルティング会社でありホームページの集客スキルを持っている会社です。
今回のご依頼は、自社のサービスの新しい売り出し方と見せ方を提案して・実装して欲しいということでした。

「アクセスアップの結果を売るSEOサービス」というアイデアはあるものの、忙しいこともありなかなか具体化できないということで、第三者の視点から新しいアイデアを欲しいというご要望でした。

サービスの企画からブランド名決定、サービス仕様の決定、収益計算、サービス提供フローといった新規事業の立上げ代行といった形でのご依頼です。

サービス内容の把握

SEOと一口に言っても様々な方法があるので、ピークウェブ様がどのようなサービスをやっているのか、資料やスカイプなどで詳しくヒアリングを何度も行いました。
新規事業のアイデアを生み出すにはインプットが重要です。

競合のサービス内容調査

SEOコンサルティング会社やSEOサービス提供業者、などSEO市場におけるサービス内容の調査を行い、他社はどのようなサービス展開を行なっているのかを調べます。
競合のマネをするためではなく、競合がやっていないサービスの切り口を見つけることが重要です。

調査の結果、SEO市場では提供サービスの種類はそれほど多くなく、3~4種類程度しかないことがわかりました。
しかも、「アクセスアップの結果を売る」という切り口を全面に押している会社はありませんでした。

ポジショニング戦略で独自のポジションをゲットする

v2b

ライバルがいない独自の切り口を見つける。

競合のサービス内容調査によって得た情報を元にポジショニングマップを作り、切り込んでいくべきポジションを見つけました。

商品コンセプト・商品仕様を決める

戦略レベルでの戦い方は決まったものの、実際にサービス展開するには決めるべきことが沢山あります。
今度は具体的に商品を作っていく必要があります。

まずは、商品コンセプト(誰に、何をどのように提供するのか。お客さんのメリットは何か?)を明確にします。
さらに、商品の仕様(サービスの提供内容、提供方法、サービスの範囲、価格など)を決定します。

価格を決めるためのコスト計算も重要で、コストとサービス提供内容のバランスを保つために何度も協議を図りました。

サイト名に関しては、「商品コンセプト」とお客さん視点での「分かりやすさ」と「覚えやすさ」を意識したネーミングをつけました。
ネーミングは、非常に重要なものなので細心の注意をはらって決定しています。

売れるストーリーを構築する

サービスの名称や仕様が決まったら、次は商品・サービスの販売力を高めるために売れるストーリーを作ります。

  • なぜ、このサービスを利用する必要があるのか?
  • このサービスはどんな魅力があるのか?
  • 自分のどんな問題を解決してくれるのか?
  • 他のサービスとどのように違うのか?
v2c

売れるストーリーを社内会議で作り上げます。

といったエッセンスを散りばめて読み手が商品・サービスを購入したくなる流れを作ります。
ジョイント・エレメンツ・コンサルティングでは、セールスストーリーを数パターン用意しています。
商品特性に応じて最適なストーリーパターンを選択し実際に売れるストーリーを構築していきます。

大まかなストーリーが決まったら、原稿に落とし込みます。
せっかく良いストーリーを作ったとしてもライティングが不十分だと成約率に悪影響を及ぼします。
原稿を作っていく過程で、ストーリーの内容が不十分であれば加筆・修正を行います。

v2d

ホワイトボードの内容を文章化する。

v2g

強調したい部分を色分けしておく

反応率をあげるためのデザイン化を徹底する

アクセス保証HP-ヘッダー部分

ヘッダー部:キャッチコピーを活かすために様々な工夫がされている。

売れるストーリーや原稿ができれば売れるというものではありません。
最終的なアウトプットとしてホームページのデザインも非常に重要です。

  • お問い合わせ情報をどこにどのように載せるか?
  • ファーストビュー(スクロールせずに見えるホームページの上部)でユーザーの視線を引き付ける事ができるか?
  • 一瞬で何屋のホームページかを理解させることは出来るか?
  • 一瞬でメリットを伝えることが出来るか?
  • 文字の大きさに変化をつけてストレスを感じさせないようにしているか?

こういったことを一つ一つ丁寧に意識したデザインを行いました。
成約率をあげるためにできることは徹底します。

他の会社とは違ってぱっと見たあと続きも読みたくなった

ピークウェブ様にお聞きしたところ、実際にリリースしてまだアクセスも多くないにもかかわらず、問い合わせが非常に増えてきているようです。

実際に問い合わせ頂いた方に感想をお聞きしたところ「他のホームページは、続きを読む気がしなかったけど、御社のホームページは他とは違って、(ホームページのファーストビューを)ぱっと見た後に続きも読みたくなるホームページでした。」という感想をもらったようです。

弊社が作成したストーリーやデザインが確実に成果に結びついているのを実感できたことは嬉しい限りです。

今後の展開

v2e

インタビュー後、リニューアルしたアクセス保証HP

現在(2012年7月11日現在)サービス内容の見直しのため、リニューアルを計画しています。

サービス内容の変更が完了次第リニューアルを実施しSEOおよびPPC広告での集客を強化する予定です。

サイト内のコンテンツもあまり多くないので、順次コンテンツの増加も実施しホームページの成約率の向上を図ります。